新設法人リストを販売しております。電話番号付の新設法人リストの取り扱いも開始しました!ダイレクトメールの無料サポートなど特典付いております。新規開拓の事ならお任せください!

お客様のご利用方法

  • HOME »
  • お客様のご利用方法

社会保険労務士

名古屋の社会保険労務士さん

「業種を絞った電話番号付の新設法人データが欲しいんですが、どんな業種でも大丈夫ですか?」
「はい。大丈夫です!ケーキ屋さんでもパン屋さん。ピンポイントでの指定から「飲食店」という大きなカテゴリでも可能です。
しっかり作戦を立てられておられる先生のためにあえてどんな業種かは控えさせていただきます。
人と同じ方法でも構いませんが、オリジナルの場合は競合相手がいませんからアプローチがしやすいんでしょうね!

大阪の社会保険労務士さん

「とにかく1日も早く新規開拓をしたいんですが、何か変わったアプローチの方法はありませんか?」
とのお問い合わせがありました。
今でも新設法人データをご利用していただいておりますが、もう少し違う形を模索しているようでした。
そこで「新しく開業した税理士さん・会計士さんのデータはいかがでしょうか?!」と。
開業されたばかりの税理士さんにダイレクトメールをうち、ブレーンにして頂く方法です。
税理士さんも当然新規開拓をされます。その際「助成金」「就業規則」「給与計算」と言った社会保険労務士さんでしか扱えない案件が出てきます。
そういったお仕事をいただくために、一般の法人ではなく税理士さんにターゲットを変えてみるのもいい方法ではないでしょうか?!

神奈川県の社会保険労務士さん

当初は横浜市だけでしたが、ご注文を頂いた翌月からは神奈川県全域になりました。
お客様と話す機会がありましたので、その理由を聞いてみました。
「本当に偶然かもしれないけどダイレクトメールを出してから2日後に電話をしたら3件の新規が獲れた!」
「凄く運がいいですね!中々そんな風にはいきませんよね。」
「はい。でも潜在的ニーズはあるはずだから頑張りますよ!」

東京都板橋区の社会保険労務士さん

弊社が新設法人データのサービスを開始してからすでに10年のお取引です。
正直私が社会保険労務士のお仕事を理解していなかったので当初はお客様と一緒に大変苦労したのを今でもしっかり覚えています。
成功の要因は「社会保険労務士の仕事」をわかっていただくこと。そして社会保険労務士に依頼するメリットは実はこんなにあった!ということ。
今となっては笑い話ですが「就業規則なんて必要なのか?朝9時から5時まで!とかその程度だろ?」
もう穴があったら入りたい・・・
業務の際たとえば事故にあってしまった。
その際どこからが会社の保証でどこからが保障外なのか?
また従業員に迷惑をかけるモンスター社員の対応など、会社を経営している社長様にとって何かが起きてからでは遅い!ということですね。

継続は力なり。といいますが、さすがに10年間ダイレクトメールを出していますと毎月最低でも5件のお問い合わせがきます。

これは「依頼したいけどまだ業務が順調にいっていないからもう少し軌道に乗ってから依頼したい!と送られてきたダイレクトメールをお客様がしっかり持っていたことが最大の勝因です。

福岡市の社会保険労務士さん

福岡市の社会保険労務士の先生のお話しです。
ダイレクトメールの作成に注意事項が多々ございます。
まず「社会保険労務士とは?」「社会保険労務士の仕事内容とは?」からご説明された方がいいと思います。
失礼ながら社会保険労務士の仕事内容はまだまだ浸透されていない部分が多いです。
そして「何故?社会保険労務士のサービスが必要なのか?」もしっかり明記しておいて下さい。

まずはここから攻めていく方がいいでしょう!

次に何を一番にアピールしたいのか?!を明確にして強く打ち出しましょう!
一度にあれもこれも打ち出しては、焦点がぼやけてきます。
社会保険労務士の先生の事務所で今「一押しサービス」を前面に出す事がわかりやすいと思います。
「就業規則」「助成金」「社会保険」「労働紛争」「モンスター社員」・・・どれか一つ絞り込んでダイレクトメールの作成をしましょう!

*例えば「就業規則」は無料でフォーマットがダウンロード出来ます。
でも無料でダウンロードしたものと、プロが作成したものの違いなどがはっきりと記載してあるとわかりやすいかもしれませんね。

そして忘れてはならない「料金体系」。
従業員の数などにより料金表が出せない・作れない・・・そんな場合は「1例」と言う形で表記する事をお薦めします。
料金がわからない物に対しては、どうしても警戒が強くなりますし、何より受け取った方が料金が書いていないものには、興味を示さないと思います。

不安要素を出来るだけ排除して下さいね。

などなど、弊社と何度も何度もやりとりをして完成させたダイレクトメールの結果は最高のものとなりました!
ここの社会保険労務士の先生とは8年来のお取引をさせていただいております。
成果があってこそこの年月になると思います。

ここ最近「法務局ベースの新設法人データ」から電話番号付の新設法人データに変更されました!
やはり戻りの多さが気になっていたようです。

ウォーターサーバー販売様

法務局ベースの新設法人リストをずっとご購入していただいておりましたが、「もっと営業をかけたいので何か新しいリストはないでしょうか?」とずっとご相談を受けておりました。
そして今回「新設の株式会社の電話番号付きデータ」をご提供いたしました。
それもただ新設を抽出するのではなく「美容院」に特化した最新リストにしました。
法務局ベースの弱点は業種が判明していないところと電話番号がない所でしたが、この電話番号付のリストはその弱点をしっかりカバーしました。

ダイレクトメールからのレスポンス率が飛躍的にアップし、今後業種とエリアを随時拡大されていくようです。

また制約の裏側には社長のひたむきな努力が物凄く隠されています。

今でこそ売り上げがあがっている成長会社ですが、初めは全く売り上げが作れずに何度も相談を受けました。

ダイレクトメールの作り方・ホームページの内容と何回修正をしたことでしょうか?

「私のアドバイスなんか大したことはありません。でもダイレクトメールを受け取って感じる事は他の社長と同じだと思います。ですからまずウォーターサーバーの知識がない私が内容を把握できるかどうか!このダイレクトメールで購入しようと思うのか?」
もうしつこいくらいやったのは今となってはいい思い出です。

何が何でも新規開拓をする!そういう強い気持ちがある方が最後には勝つという体験話でした。

ホームページ制作会社

札幌市のホームページ制作会社

どんな会社でも売り上げは欲しいですよね。
まして出来たばかりの会社であれば尚更だと思います。
ポイントはずばり「制作費用」をどれだけ抑えることが出来るか?SEOは対応しているか?自分で新規投稿が出来るのか?・・・
起業したばかりの社長様でお金がたくさん余っている方はやはりそんなにいません。
でもこれだけスマートフォンが世に出回れば当然ホームページの重要性・必要性に気づいている方も多いです。
そこで社長が行ったのがホームページのリニューアルです。
ダイレクトメールの内容と連動したサイトに作り上げました!

またダイレクトメールの内容も徹底的に拘ったものを制作。ついでに「名刺デザイン」「オリジナル封筒」「カタログ」の案内も入れました。
ホームページのデザイナーさんならこのような作業はお手の物です。
デザイナーさんは「ダイレクトメール」の性質もよくご存じで、出し続けなければ成果は望めない!とまずは半年間出し続けました。

結果から言いますと2・3ヶ月後から問い合わせが増えだし半年後には契約数が倍増しました。
とにかく出し続けた結果ですね。
同封した印刷物関連も徐々に増えてきているようです。

東京都豊島区のホームページ制作会社

東京都練馬区の新設法人データを活用されておりますホームページ制作会社様。
ホームページを制作しているだけあってダイレクトメールもあっという間に作成してしまいました。
SEO対策も万全でしたが、「もっと営業をかけていきたい!」との事。
初めは地元の練馬からスタートして「板橋」「文京」とどんどんエリアが広がっていきました。
おそらく年内中には10エリアくらいには営業をかけると思われます。

ただ今でこそ順調に新規開拓をされていますが、やはり最初は厳しかったです。
スタートから2ケ月くらいは問い合わせが全くなかったんです。

そこで弊社が今までお客様との会話の中でつかんだ情報を隠すことなくお伝えしていきました。
(いろんなノウハウがあるんです・・・)

粘りに粘ってやっと3ケ月目から待望のお問い合わせの電話・メールが来るようになりました。
正直本当に頑張ったと思います。

ダイレクトメールの作成はもちろん重要なことですが、なんといってもホームページとダイレクトメールが連動していなければ意味がありません。
それもお客様にホームページを持つメリットを上手く伝えなればいけません。
ここからこの社長がものすごい勢いで更新をかけていきましたね。

後日談ですが、ここの社長様から「いや~新設法人データをテイクオフさんから購入して本当に良かったです!もし会っていなかったらダイレクトメールや本業のホームページ制作についてここまで考えることはなかったですよ!」

最高の誉め言葉をいただきました。

 

名古屋市のグラフィックデザイナー

ここの社長様はグラフィックデザイナーで主に「名刺」「カタログ」「リーフレット」「ポスター」などの媒体を中心に制作されている方です。
新しく会社が設立されればデザイナーさんの仕事は大量に出てきます。
流石に名刺・封筒の類はすでに作成済みと思いきや、これが結構出てくるようです。
名刺でパイプを作ってカタログなどの「大物」を取りにいっているようです。
しかし社長曰く「名刺も美味しいんだよ!1回注文が取れればずっとリピートが入るから!まして従業員が増えていけばさらに美味しい仕事だよ!」と。

ダイレクトメールの作り方もお手のもんでした。

今後は岐阜市の周辺にもダイレクトメールを広げる御予定の様です。

東京の電話代行業者様

「起業間もないので、1日も早く営業リストを入手したかったから助かりました!」
いきなり23区全域ではなくまずは5区をご購入いただきました。
いい選択だと思います。

ダイレクトメールの無料サポートを受けていただくためにホームページを拝見して気になる点がいくつか発覚しました。
トップページが文字が多すぎてどこになにがあるのか非常にわかりずらかった点。
そして一番びっくりしたのが「その会社の固有名詞を入力しても1番に出てこなかった事です。」
一番に出てきたのがなんと同業他社!さすがにこれはまずいです。
ダイレクトメールを受け取った方のほとんどが「ドメイン」を打ち込むのではなく「会社名」で検索をかけてきます。
そこでライバル会社が1番に出てきたらお客様は何の疑いも持たずにその会社のサイトを見て、気に入ったらそこの会社に連絡をすることでしょう!

ホームページを作ったばかりの方は是非この点を十分にチェックしておいてください。

電話番号付新設法人はこちら

 

税理士さん

大阪市の税理士さん

大阪の税理士の先生からのお問い合わせです。「創業融資の案内をFAXで送信したいのですが、FAX番号が付いておりますか?」。
「FAX送信はやめられた方がいいです!受信される方の中には「どうして頼んでもないもののためにトナーや用紙・電気代を当社が支払わらければならないんだ?」とお怒りになる方が結構多いんですとお伝えしました。
弊社でもFAXDMはよく送られてきますが、これで送られてきた情報をまず真剣に読もうという気が起きません。理由はご立腹のお客様と同じです。

そこで「税理士の先生でしたら新設の株式会社・または合同会社のリストでダイレクトメールをを郵送した方が成約率が高いですよ!」とお話ししました。そこからなぜか話が異様に盛り上がり、業種の絞り込みリストもご購入下さいました。

創業融資には電話番号付の新設法人リストか新規開業リストが最適だと思います。

神奈川県の税理士:セミナー会員募集でのご利用

横浜市の会計事務所様からです。
今度「創業融資のセミナー」を行うのでリストが欲しい!とのこと。
新設法人の「株式会社」はもちろん「有限会社」(最近全般的に有限会社のご購入が増えてきております!)もご購入いただきました。さらには「建設業」「美容院」「エステ」「飲食」の新規開拓情報をもご購入。
実はこの会計事務所様今回で3回目です。

初めは神奈川県の新設法人「株式会社」のみからスタートして少しずつ増やされておられます。
今後もセミナーリストとして幅広いカテゴリのご購入を検討してくれるとお話ししていただいております。

確かに「無料セミナーの告知」はいいアイデアですね。
まずは無料セミナーでクライアントに有益な情報を与えて、信頼・信用していただいた時点で「顧問契約」に流れが自然に出来てきますから。

大阪の会計士さん

新設法人データは様々な職種の方にご利用いただいております。
なかでも税理士・会計士の方が多いですね。
ご利用の仕方も色々です。
1ヶ月だけ使用して「効果がなかったからやめます」。
逆に今年で11年目を迎える会計士の先生もみえます。
一体この差はなんなのか?
答えは「継続」と「ダイレクトメールの作成内容」の違いです。

新設法人データをご利用の方のほとんどのかたがダイレクトメールでのご利用です。
(当社も強く薦めております)
ダイレクトメールの性質上1ヶ月で成果が出る事は大変貴重だと思います。
(なかには即お問い合わせがくる方も当然みえますが)
とにかく最低でも半年は続けるお気持ちでやられた方がよろしいかと思います。

そして問題のダイレクトメールの中身です。
絶対載せる情報として「顧問料金」があると思いますが、顧問料金の相場は絶対に無視してはいけません。
例えば相場が1万円なのに対して「いやそこまで安くして新規獲得しようとは思わない!従来通りの当事務所の料金体系で行く!」
ちなみに5万円です・・・

これではダイレクトメールでの新規開拓はまず無理とお考えください。
同じサービスをかたや1万円、もう一方は5万円。
結果は目に見えていますね。

この料金を無視すると確実に失敗します。
今まで何十社と弊社はみてきていますので。

ホームページと連動させる
ダイレクトメールには記載してあってホームページには記載していない・・・
これではダイレクトメールを受け取った人は不安がります。
必ず記載事項は載せて下さい。

これが大阪の会計事務所様が行っている事です。
柔軟な発想と市場の動向を常にチャックをされているからこそ新規開拓に成功されていると思います。

求人広告会社様には最適です

名古屋市の求人広告会社様よりご依頼をいただきました。
ここはまずテレアポ部隊・営業部隊・制作部隊と3つにそれぞれ役割分担が出来ている求人の代理店です。
まずテレアポ部隊がリストを基に電話をかけていきます。そしてアポが取れ次第営業さんに連絡を入れて直行する!というのがスタイルです。
求人広告を取り扱っている会社にとって「電話番号」と「新規」というのは喉から手が出るくらい欲しい情報らしいです。
実はこの会社すでに6年のお取引になりますが、今までは法務局ベースのデータでしたので、データをお渡ししてから全て電話番号を104で調べて、それからテレアポをしていたんです。
「面倒だけど仕方がないですね。何とか早く電話番号付のリストをお願いします!」とずっと言われ続けておりました。

今回記載したのも「成果が確実に出てきています!この調子でバックアップをよろしくお願いします!」という嬉しいお言葉を社長様からいただいたので、掲載することにいたしました。

更に今回のリストは永久保存版として会社に残しておくそうです。
何年か後に今年のリストで今一度テレアポをするそうです。
1年前のリスト・2年前のリスト・・・最強の見込み客リストですよ!とこれまた有難いお言葉を頂きました。

通販業者様

通販商材を扱っておられる企業様よりテレアポに使える細心のリストを探していた!という事でご注文をいただきました。
正確には3ヶ月連続でのご注文となりました!成果が出ているようです!(担当者の方が喜んでおられました!)

今まで色々なリストをご利用されていたみたいですが、どれも今一つの成果だったそうです。
既存の会社に電話してもなんか手当たり次第に電話をかけているだけの気がして社内でも問題になっていたようです。
そこで次に行ったのが「法務局データ」から電話番号を調べ、電話をする方法を行ったようです。
104で1件1件全て電話番号を調べるといった時間と費用が掛かる方法です。
ただ作業効率は悪かったようですが、成果はまずまず。
ならば初めから電話番号が付いていいるリストを利用したらどうだろう?!と社内会議でなったそうです。
やはり一番の懸念は1ヶ月に1回の配信で大丈夫か!?という事でしたが、2ヶ月間ご利用していただいてそれまでの成果を上回る結果が出たようで今回のご依頼となりました。

岐阜市の携帯電話会社様

岐阜市の携帯電話会社様です。
とりあえず「岐阜市」「各務原市」「大垣市」「羽島市」のご依頼です。
携帯電話の法人営業でのリストで使いたい!との事。
ダイレクトメールはださず全てテレアポで営業されるそうです。
携帯電話・アイパット・・・今は法人営業に売り込む商材はかなりあるようです。
テレアポは昔から行っており「全然問題ないですよ!テレアポが仕事みたいなもんですから!」と。
株式会社が一通り済んだら「合同会社」もご購入されるようで楽しみです。
合同会社は競合が少なく狙い目です。

税理士紹介業

税理士を無料でご紹介する会社様より「合同会社」のご注文を頂きました。
東京・大阪・愛知・福岡の4エリアです。
株式会社の新設法人リストは数多く出回っておりますが、合同会社の全国対応は弊社だけではないでしょうか?!
合同会社は株式会社と比べると明らかに件数が少ないです。
でも少ないから他社が見向きをしない・・・そこに商機があるわけですね。誰もいかないならライバルがいないわけですから!
仮に愛知県に月に10件しかなくてもライバルがいない!というのはやはり大きいです!

合同会社は外資系の会社が作っていることもあり人気が少しずつ上がってきております。
少し目先を変えると色んな事が見えてきます。

お一人でお悩みの方はお気軽にお電話ください。

異業種交流会

福岡市の異業種交流会様

福岡市の異業種交流会様よりご注文を頂きました。
異業種交流会の中でも似たような業種の方々でグループを作り、そのメンバーで新規開拓を始めようというものです。
今まで法務局ベースを他社でご購入されていたようですが、あまりのダイレクトメールの戻りの多さに辟易されており、たまたま弊社のサイトを見つけていただいたようです。有難うございます。
やはりダイレクトメールの戻りの記事は説得力があったようです。

今回「株式会社」と「合同会社」のご購入です。
今後は「業種の絞り込みリスト」も検討材料にすでに入っておられるようでますます感謝です。

異業種交流会にも色んな制約があるようで結構大変なんですよね。

一宮市の異業種交流会様

ある異業種交流会のメンバーの税理士様がご購入していただきました。
ダイレクトメールを出すときに税理士のサービスだけでなく保険屋さんのサービス内容も入れ込みたい!
その方が効率的だと判断されたようです。
このご判断は正解ですね。
実は他にも異業種交流会の方からのご依頼は多数いただいており、皆さんダイレクトメールに3社・4社分のダイレクトメールを入れて投函されております。
アイデアひとつですね。

仲のいいメンバーでどんどんダイレクトメールを出し続けていく事が一番ですね。

*リファーラルで困ったことが実は私もあります・・・

福岡市の税理士

福岡市のある税理士法人のお客様よりご依頼をいただきました。「福岡市の電話番号付新設法人データ」。
今まではホームページの集客と法務局ベースの新設法人データで集客を図ってきましたが、問題が色々でてきているようです。
例えばホームページでの集客ですが、「値段競争」が始まっておりなかなか利益が出にくくなってきている!
お客さんが「あそこの税理士事務所は顧問料金を5,000円でやってくれると言っていますが先生のところでは出来ませんか?」・・・このてのご質問が凄く多くなってきているそうです。
2つ目は「法務局ベースのデータ」のダイレクトメールの戻りが多い点と、このデータがかなり出回っている点です。

まずは「電話番号付は戻りが圧倒的に少ないです!」「株式会社と合同会社の購入」をお薦めしたところ快諾していただきました!
合同会社は件数が少ないですが、競合する相手も格段に少なにので狙い目です!

また「業種を絞り込むリスト」もご検討していただけるようです。
これは「新しく開店した美容院」「新規開業の病院」「新規開店のペットショップ」などなど。
業種とエリアを教えていただければ対応いたします。

保険屋さん

神奈川県の保険屋さん

神奈川県の代理店様からは「神奈川県全域の株式会社」の電話番号付新設法人リストのご依頼がありました。
最近の保険屋さんの傾向としまして、業種を絞り込むリストが多い中、あえて株式会社のリストで勝負されるようです。

保険の種類を絞り込みとにかくわかりやすいダイレクトメールを作成した!と自信がおありでした。
まずはダイレクトメールでお客様の気をひき、数日後に電話で再度営業をかけられるようです。

ホームページもダイレクトメールと連動するようリニューアルをかけ、新規開拓に並々ならぬ気合をいれて挑むようです。

やはり独自の自社のホームページがあるのとないのとではお客様の関心度が全く違うと思いますので、保険屋さんは出来れば独自のサイトを作成されることをお勧めいたします。

今回のご依頼で4ヶ月連続になりました!成果が出ている証拠です!

*保険屋さんの新規開拓で「開業したばかりの税理士さん」に営業するという方法があります。
保険屋さんの話は聞かなくても、税理士さんの話なら社長さん達は耳を傾けるんですね。
(節税効果・加入している保険のメリット、デメリットを税理士の先生は指摘してくれます。)
こちらも毎月リスト化できますので、お気軽にお問い合わせください。

千葉県の保険屋さん

千葉県全域の株式会社の新規が欲しい!
ダイレクトメールは会社支給となっているらしく、弊社から受け取ったデータを住所シールに打ち出して貼るだけ!
「自分で作業をしてもすぐに終わるから苦になりませんよ!」
「今後は東京を少しずつ攻めていこうと思っています!」
以前は他社から購入されていたらしいのですが「業種」がわからなかったから弊社に切り替えていただきました。
基本的にはデータに掲載されている所は全て出そうと思っているらしいのですが、あきらかに!という所には出していないそうです。
会社名と業種で判断しているそうです。

大阪の保険屋さん

大阪の保険屋さんからのご注文です。大阪市の株式会社のデータを使いたい!との事。
「いつも有難うございます!でも今回は合同会社の情報は御利用しませんか?合同会社の情報はまだほとんど出回っておらず結構狙い目だと思いますが!」
「そうか。ならそちらにしてみようかな?!」

株式会社のデータに比べて合同会社のデータをご利用されている方は少ないのが事実です。
全国どこでも合同会社のデータを収集いたします。
株式会社に比べたら件数は少ないと思いますが、ライバルが少ない分成約率は上がると思います。
「なんか競合しないリストがないかな~」とお探しの方は是非合同会社のリストを是非お試しください。
電話番号付のデータは戻りも少ないので一石二鳥です!

愛知県名古屋市の保険屋さん

名古屋市の新設法人データがとにかく欲しい!
出来れば過去のデータもあれば欲しい!
名古屋の某保険代理店様です。ダイレクトメールには独自のノウハウがすでにお持ちで、とにかく早く過去のデータが欲しい!という事でした。
早急にお見積りを提出しすぐに合意。
メールで送信いたしました。
このように過去のデータをご利用なさるお客様もおみえです。
新しいからいい!でも古いデータも使い方次第で新規開拓は出来ますよ!と。
ごもっともですね。
本当にちょっとしたアイデアで新規開拓は出来ます。
ただあらゆる意味で努力をしなければ新規開拓は出来ませんね。

もともとは電話番号付の新設法人データでお話をしておりましたが、よくよくお話を聞いてみると電話番号は無くてもいけるかも!となりました。

 

*最近保険屋さんからのご注文を頂きますが90%以上が「電話番号付の新設法人データ」です。
戻りが少ないし何より電話でフォローが出来る点が受けていると思います。

岐阜県岐阜市の保険屋さん

「ダイレクトメールを出した後、電話でフォローをしたいので!」と岐阜県岐阜市・羽島市・各務原市・大垣市のエリアのご注文を頂きました。
新規のお客様が開拓できるようならば愛知県一宮市と徐々にエリアを広げていきたいとの事!

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0586-51-7660 受付時間 9:00 - 18:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.